山本裕典の復帰の本音とは

 

山本裕典さんが芸能界に復帰されましたが、復帰に対する本音を語ったとのこと。

 

その本音に対する世間の反応も話題になっていたので、合わせて見ていこうと思います。

 

また、大反響を呼んだ復帰CMや復帰後の所属事務所についてもチェックしていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

山本裕典の復帰の本音とは?

 

この投稿をInstagramで見る

山本裕典さん(@yusuke_yamamoto0119)がシェアした投稿 -

 

 

山本裕典さんの芸能界復帰に対する本音が話題になってるとのことですが、一体どのようなことを語られたのでしょうか。

 

きっと表舞台から離れてる間に色んなことを考えておられたのでしょうけど、復帰に対する本音の一文がこちらになります。

 

 

■ 山本裕典、復帰についての本音を語る

――最近の活動について、お聞きします。舞台が復帰作になりましたね。

「芸能界を辞めようと思っていたので、舞台に出ると決意してからも、ものすごくプレッシャーがありました。周りから叩かれるんだろうなと想像したり、本当にやっていいものかと考えたりもしましたが、一度しかない人生なんで、こうなったらやりたいことをやって死んでいこうと思って、腹くくって臨みました。

でもいざ始まると、僕は座長だったんですけど、共演者もスタッフもみんな気持ちよく後押ししてくれて、本当に感謝ですね。本番を迎え、毎回来てくださるファンの方や涙を流して観てくださる方もいらっしゃって、戻って来て本当に良かったと思いましたし、お芝居ができることは、素直にありがたいことだと感じました。もう感謝しかありません」

――主演映画のこともお聞かせください。

「監督とは10年以上前に出会っていて、復帰作の舞台の出演が決まった直後にオファーをいただきました。僕の方は、事務所も立ち上がったばかりで体制も十分に整っていない状況でしたが、これも何かの縁なので、マネジャーとも相談して舞台と一緒のタイミングで映画もやろうと決めました。

で、現場に入ってみたら予算のない映画だったんですよ。スタッフも少人数だし、衣装さんもいなくてアイロン掛けもADさんがやっていたので、“自分の分はやるよ”なんて言いながら自分が着るシャツにアイロンを掛けたり、ロケバスなんてないから移動のときも共演者とタクシーで移動したりして、いわゆる自主制作のような現場でしたね。

いままで経験したことのない環境でしたが、若くて腕のいいスタッフたちとの仕事は新鮮で楽しかったです。作品はモナコの映画祭に出品すると聞いたので、もしかしたら人生初のレッドカーペットを歩くことになるかもしれません。みなさん楽しみにしていてください(笑)」

■ 今日は“素”の山本裕典を出すことができた!

――俳優以外の仕事もいろいろ経験されていますが、いかがですか。

「芸能界にいるだけでは感じることができなかったことがいろいろ分かりました。飲食店も俳優と同じように周りの人の支えがないとうまくいくこともうまくいかないし、お金を稼ぐのはどんな職業でもすごく大変です。

いまDJの仕事をやっていますが、日本ではクラブやDJというとグレーのイメージがありますよね。でも、韓国や台湾ではクラブってリスペクトされている場所でもあるんです。日本でもクラブで働いている方たちは真面目に取り組んでいるので、表に出ている僕が、そんな姿勢に応えていかなければいけないと思っています」

――最後に、dTVチャンネルをご覧になっている方々にメッセージをお願いします。

「今日は“素”の山本裕典を出すことができたと思います(笑)。セヨンさんとの絡みもとても面白かったので、僕に興味がない人でも楽しめる番組だと思いますよ(笑)。みなさん、ぜひ見てください」

※Yahoo!ニュース引用

 

 

このように、復帰にするか否か日々葛藤しながら決断されたことが伝わる一文になっています。

 

かつてのイメージがあるだけに、簡単に信用回復とはならないでしょうけど、「腹くくって」という言葉通り、一歩ずつ輝きを取り戻してもらいたいところです(*^-^*)

 

それでは、山本裕典さんの復帰に対する世間の反応も確認してみましょう。

 

山本裕典の復帰に世間の反応は?

 

山本裕典さんの復帰について、ネット上では「批判殺到」といった情報も見かけますが、実際のところどうなのか気になりますよね。

 

そこで、SNSから復帰に対する声を集めてみました。

 

 

 

 

 

 

 

このように、復帰を祝福する方もいれば、やはりかつてのイメージが強く厳しい声を投げている方もいらっしゃいました。

 

こういった反応になるのも仕方ないことでしょうし、前述したように一歩ずつ信用回復に向けて精進してもらうしかないでしょうね。

 

続いて、山本裕典さんの復帰CMがファンから大反響を呼んでいたとのことで、そちらのCMの詳細も確認していきましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

山本裕典の復帰CMが大反響!

 

 

 

山本裕典さんの復帰が大きく囁かれ始めるきっかけとなったのが、モデルの加藤雛さんと共演されたリブマックスのCMでした。

 

いつも通りまったりテレビを見ていて流れたCMで「あれっ?山本裕典じゃない?」という反応が相次いで起こっていたようです((笑)

 

そのリブマックスのCM動画がこちらになります。

 

 

 

 

 

復帰第一弾のCMだったのにもかかわらずシリーズ化されるなど、山本裕典ここにありと存在感を示した作品となりました。

 

このCMの放送が決まった時には、ファンから「待ってました」、「最高!大好き」といった声が多数寄せられていたようです。

 

その後も舞台、映画と立て続けに役者の仕事をこなしていらっしゃるので、再ブレークの日も来るかもしれませんね(*^-^*)

 

ちなみに、俳優復帰が待たれる人物に成宮寛貴さんがいますが、山本裕典さんの復帰の際にネット上で少し話題になっていたようです。

 

そんな成宮寛貴さんの近況について、以下の記事にまとめているので、そちらも興味がある方は合わせてご覧ください。

 

⇒成宮寛貴は現在何をしているのか?

 

続いて、復帰したものの所属事務所はどこなのかという疑問もあるので、所属事務所の詳細についても確認していきましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

山本裕典の復帰後の事務所はどこ?

 

この投稿をInstagramで見る

山本裕典さん(@yusuke_yamamoto0119)がシェアした投稿 -

 

 

山本裕典さんは、表舞台から姿を消す前「エヴァーグリーン・エンタテイメント」という事務所に所属していました。

 

しかし、2017年3月に「マネージメント業務委託契約の内容に違反した」ということで契約終了と同時に一線から退く形となりました。

 

それから2年の時を経て復帰されたわけですが、復帰後の所属事務所にも注目が集まっているとのことで調べてみました。

 

現在は、自身で作った福岡県福岡市に本社を置く「ワイツー」という芸能事務所に所属しているとのこと。

 

公式サイトを見てみると、所属タレントは3名しか確認できなかったのですが、その中に中居正広さんのモノマネでお馴染みとなっているモリタクさんがいらっしゃいました。

 

そこに山本裕典さんが加わったということで、今後、少しずつ大きくなっていく可能性もあるので要注目の事務所ですね(*^-^*)

 

ちなみに、山本裕典さんがクラブでDJをしている様子も話題になってますが、その件について以下の記事でまとめてみたので、よければ合わせてご覧になってみてください。

 

⇒山本裕典の本業はクラブDJなのか?

 

まとめ

 

山本裕典さんの復帰の本音や世間の反応。

 

復帰後、初CMの反響っぷりや所属事務所の詳細について見てきましたが、いかがだったでしょうか?

 

やはり、女性問題が多かったことで、ネット上では冷ややかな声も見受けられるのが正直なところです。

 

ただ、ご自身が語った本音でも「周りから叩かれるんだろうなと想像したり…」と仰ってましたし、その辺は覚悟して臨んでおられるわけです。

 

なので、しばらく暖かい目で応援してあげたいところですね(*^-^*)

 

それでは、今回は以上となりますが、また読みに来ていただけますと幸いです♪